日本ソーシャルワーカー連盟(JFSW)公式WEBサイト

2014年度

シリアにおける日本人拘束に対する声明

2015年1月28日
国際ソーシャルワーカー連盟アジア・太平洋地域
公益社団法人日本社会福祉士会
公益社団法人日本医療社会福祉協会
公益社団法人日本精神保健福祉士協会
特定非営利活動法人日本ソーシャルワーカー協会

国際ソーシャルワーカー連盟アジア・太平洋地域は、シリアにおける日本人拘束に対して強い憤りを感じる。このような行為はいかなる理由があろうとも許されない。

私たちソーシャルワーカーは、人権と社会正義の原理にもとづいて、生命の権利が人権の中で最も基礎的なものとの認識に立ち、当事件の即時解決とその背景にある紛争の平和的な解決を求める。

[IFSWウェブサイト掲載]IFSW Asia –Pacific Statement on the Japanese hostages in Syria


ガザ地区における人権侵害について(声明)

2014年8月14日
社会福祉専門職団体協議会

日本国調整団体を通じて国際ソーシャルワーカー連盟(IFSW)に加盟する私たち日本のソーシャルワーカーは、ソーシャルワークの価値と倫理、および日本が過去数十年にわたって標榜してきた平和主義の理念に基づき、以下を声明します。

ガザ地区の最近の戦況の中で、子どもや女性を含む一般の人々の生命が非常に多く失われていることに対して、強い憤りを感じる。このような行為は、どのような立場からも決して許されるものではない。私たちは、紛争当事者のいずれの側に立つものでもないが、ソーシャルワーカーとして心底から平和を希求し、自らの利益のみを求める戦闘は即時終結すべきであることを宣言する。

[IFSWウェブサイト掲載]Public statement by the Japanese Coordinating Body for IFSW, concerning the humanitarian disaster currently taking place in Gaza

お問い合わせの際は「JFSW事務局担当」とお伝えください。 TEL 03-5366-3152 受付時間 10時~17時(土・日・祝日除く)/FAX 03-5366-2993

PAGETOP
Copyright © 日本ソーシャルワーカー連盟(JFSW) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.