災害ソーシャルワークはソーシャルワークの重要な一分野となっており、日本を含むアジア各国でも関心を集めています。本企画は、東日本大震災以降に宮城県石巻市で取り組まれているソーシャルワークの実践と(公社)日本医療社会福祉協会等の災害支援プロジェクトを中心に、社会見学と講義、グループワークを組み合わせたユニークな災害ソーシャルワークのワークショップです。

日本国内だけでなく、アジア各国からの参加者も予定していますので、グローバルな視点で災害ソーシャルワークを学び、国際交流していただきたいと思います。

[日 時]2018年9月21日(金)~23日(日)(21日は社会見学です。22日からの申し込みも可)
[会 場]石巻市防災センター 2階会議室(石巻駅前)
[内 容]<1日目>仙台駅9:00集合、貸切バスにて被災地・石巻市防災センター・事業所等見学等 <2日目>講義等 <3日目>グループワーク
[対象者]ソーシャルワーカー、自治体職員、学生その他関心のある方(アジアから数名参加予定)
[定 員]40名(先着順、申込締め切り日:8月31日)
[費 用]<参加費>5,000円 <懇親会>3,000円(22日(土)18時30分~/希望者のみ)

<プログラム>日本語から英語への通訳付、一部英語から日本語への通訳有      (敬称略)

9月21日(金):社会見学/被災地見学、プロジェクト訪問等(貸切バスでの移動)
9:00~13:00 被災地見学(仮設住宅、復興住宅、大川小学校、日和山、石巻病院、日本医療社会福祉協会事業所等‐語り部ガイド付) 仙台駅発

石巻駅経由

14:00~15:00 石巻市防災センター見学
15:30~17:00 「石巻NOTE」等訪問(予定) 石巻駅解散
9月22日(土):講義・シンポジウム(通訳付)(石巻市防災センター)
9:00~10:45 講義1「災害支援とソーシャルワーク」

[講師]笹岡眞弓(日本医療社会福祉協会)

11:00~12:00 講義2「災害ソーシャルワークと子ども」

[講師]土屋佳子(日本社会事業大学)

13:00~15:00 シンポジウム「新しいまちづくりにおけるソーシャルワーカーの役割」

[シンポジスト]高橋 了(日本社会福祉士会)、福井康江(日本医療社会福祉協会)、石巻市職員

15:20~17:40 海外からの参加者の発表

[発表者]インド、ネパール、ベトナム、スリランカ、ミャンマー

18:30~20:30 懇親会 石巻グランドホテル内
9月23日(日):グループワーク(石巻市防災センター)
9:00~11:45 グループワーク(関心分野に分かれて)・発表

[リーダー]大橋雅啓(日本精神保健福祉士協会)他

12:00~12:30 全体フィードバック・まとめ

木村真理子(日本精神保健福祉士協会)

※2018年8月6日時点での情報を元に作成しており、予告なく変更する場合もあります。

参加申込書はこちらからダウンロードしてください。